島原温泉ガマダス花火大会2018!地元民が紹介するおすすめ穴場スポットを紹介!

スポンサードリンク

長崎県で毎年開催されている「島原温泉ガマダス花火大会」。
一尺玉を使った大迫力の花火を楽しめるおすすめの花火大会です!

「夏祭りにデートに誘いたいけどどこがいいかな・・・?」と悩んでいる方にはぜひおすすめですよ!

ここでは、地元民である筆者が島原温泉ガマダス花火大会の基本情報や見どころ、穴場スポットなどを紹介しています。

スポンサードリンク

島原温泉ガマダス花火大会の基本情報

◆花火の日時

2018年8月30日 20時30分~21時20分

◆花火の打ち上げ数

5000~6000発

◆人出数

4万5000人

◆駐車場

なし

◆アクセス

住所:〒855-0861 長崎県島原市下川尻町

電車:島原外港駅から徒歩3分

島原温泉ガマダス花火大会の見どころ

一尺玉と水中花火

島原温泉ガマダス花火大会の見どころは、大玉である一尺玉によるフィナーレです。

5分55秒あたりから始まるフィナーレが本当にすごいです!

特に最後の一尺玉のオンパレードは大迫力で「うおおおおお!」って思わず声が出ました!

こちらは写真です。
めちゃくちゃきれいですね~♪

また、花火の他にもたくさんの屋台が並び、お祭りを一層楽しめます!

島原温泉ガマダス花火大会のおすすめ穴場スポット

来場者約4万5000人と大きなお祭りですから、デートに行きたいイベントとしても人気が高いです!
そこで、地元民である私がおすすめする穴場スポットを紹介します。

島原外港緑地公園

打ち上げ会場の目と鼻の先である緑地公園です。

とても大迫力の花火を見ることができますが、ずっと花火を見ていると首が疲れてくるかもしれません(笑)

東洋九十九ベイホテル

こちらは島原外港のすぐそばにあるホテルからです。
遮るものが無いため、とてもきれいな花火を間近で見ることができます。

人混みに悩まされることもないため、カップルにはぜひおすすめしたい穴場スポットです!

東洋九十九ベイホテル

がまだすドーム(雲仙岳災害記念館)

海岸沿いにあるがまだすドーム。
少し距離は離れていますが、花火を楽しむことができます。

がまだすドームには広い駐車場があるため、車で来られる方にはおすすめです。
また、2018年4月にリニューアルオープンしており、1990年に始まった雲仙普賢岳の噴火について楽しく学べる施設もあります。

ぜひ一度訪れてみてくださいね!

まとめ

長崎県で毎年開催されている「島原温泉ガマダス花火大会」を紹介しました。
一尺玉を使った大迫力のフィナーレを楽しめるおすすめの花火大会です!

ぜひ見に行ってみてくださいね!

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください