冬に車のフロントガラスが曇って危険!知っておきたい対処法4つ

スポンサードリンク

冬に車のフロントガラスが曇ってしまって困ったことはないでしょうか?

出勤などで朝早くから車を使う場合、ガラスが曇りやすくなりますよね。

車のフロントガラスが曇るのはとても危険です。
そこで今回はその対策を紹介します。

スポンサードリンク

冬に車のフロントガラスが曇る原因

冬の朝に曇っている窓ガラスを見たことがないでしょうか?
実は冬に車のフロントガラスが曇るのと同じ現象が起きています。

窓の内側や車内の温度が下がると、空気中に含まれていた水分が露結してしまうのです。
特に雨で濡れた傘の水分や、ヒトの呼吸に含まれる水蒸気などが露結します。

何にせよ、運転中にフロントガラスが曇ると視界が悪くなり、非常に危険です。

そこで、車のフロントガラスが曇った時の対処法を紹介したいと思います。

車のフロントガラスが曇った時の対処法

①窓を開けて外気を入れる

一番簡単な方法は窓を開けることです。
外気を入れて車内の水蒸気を外に逃がすことで曇りを軽減することができます。

ただ、窓を開けるととても寒いのが難点・・・

②エアコンを利用する

最も実用的な方法はエアコンを利用することでしょうか。
エアコンのデフロスターを使ってフロントガラスに温風を当てることで1分くらいで曇りが解消されます。
寒くもないし、これが一般的ですね。

③化学用品を使う

これはそもそも曇りにくいフロントガラスにする方法です。
化学用品を使うことでフロントガラスをツルツルな状態にすることで、水滴が発生しにくくします。

④ガラスの内側をきれいに掃除する

車内の水蒸気はフロントガラスに付着した小さなほこりを核にして露結しますので、フロントガラスをきれいに掃除しておくことで露結しにくくなります。
日ごろからフロントガラスの内側をきれいに掃除しておくようにしましょう。

まとめ

いかがだったでしょうか。
今回は車内のフロントガラスの曇りの対処法について紹介しました。
出勤などで車を使っているかたはぜひやってみてくださいね。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください