2018年目黒川の桜の見どころを紹介!混雑状況やアクセスもチェック!

スポンサードリンク

日本一の人気お花見スポットである「目黒川のソメイヨシノ」。

長さ3.9kmに渡って連なる約800本のソメイヨシノはまさに絶景そのものです。

ここでは桜の見ごろや開花予想、屋台やおすすめスポットなどをご紹介します。

スポンサードリンク

基本情報・見ごろ・開花予想

 

◆桜祭り期間

・中目黒桜祭り:4月初旬

・目黒イーストエリア桜祭り:3月末~4月初旬

◆ライトアップ時間

桜祭り期間中、中目黒から上流がライトアップされます。

・時間:日没~21時

・場所:天神橋~宝来橋

※ライトアップとは別にぼんぼりという提灯も点きます。2017年は3月25日~4月10日までの日没~21時までだったようです。

◆アクセス

日之出橋(中目黒駅)~大橋(池尻大橋駅)の間の約3.8kmの区間

・上流:東急田園都市線「池尻大橋駅」から徒歩3分

・中流:東急東横線・東京メトロ日比谷線「中目黒駅」から徒歩1分

・下流:JR・東急目黒線「目黒駅」から徒歩6分 または 東急目黒線「不動前駅」から徒歩5分

◆料金

無料

 

桜の見どころ

目黒川周辺の桜の開花予想ですが、2017年は4月5日ごろに満開だったので、2018年も4月頭に満開となると思われます。

さて、目黒川の桜といえば約800本ものソメイヨシノによる絶景で有名ですよね。

日本第1位の人気お花見スポットと言われるソメイヨシノの美しさを早速見てみましょう。

こちらの動画では夜桜にスポットを当てていますが、49秒あたりに登場する夜桜とライトが作り出す幻想的な風景は思わず息を飲んでしまうほど美しいですね。

家族と一緒に行って、のんびり日本酒でも飲みながらお花見したらとても楽しそうですね~。

SNSでも様々な場所から美しいソメイヨシノの写真が投稿されています。

太陽光が水面に反射して真っ白な桜が写っています。きれい!

これをバックに家族写真とか撮りたいですね。

桜は咲いている部分もきれいですが、桜の花びらが落ちた道路や水面もとてもきれいですよね~。

ミュージックビデオに出てきそうな美しい景色ですね。

https://twitter.com/ilvrm_iwbAgmwlR/status/855089107072016385

うーん、やっぱり夜桜は本当きれいですね。

提灯の光とのハーモニーがとても幻想的です。

 

混雑状況

日本一の人気お花見スポットということもあって、その混雑ぶりも日本一のようです。

・混む時間帯

特に注意する時間は12時15時夕方以降です。

・混む場所

上流では屋台やお祭りが開催されていますので、ゆっくり桜を楽しみたい方は下流側に行くと良いと思います。

・トイレ

桜が咲いている区間には5か所ぐらいトイレが設置されているようです。

間違いなく混みますので、特に子供と一緒に来られる方は必ずトイレは済ませておきましょう。

その他周辺情報・補足情報

ここでは、目黒川の桜祭り期間中の屋台とクルーズについて紹介します。

屋台

目黒川ではブルーシートを広げてお花見をすることができないため、基本的に食べ歩きという形になります。

桜並木沿いにたくさん屋台が出ていますので、おしゃれな料理を楽しみましょう。

2017年はシャンパンやワイン、焼酎などのお酒はありましたし、生ガキや焼きそば、イカ焼きなどの定番まで取り揃えています。

場所は中目黒周辺から上流が主だったようです。

また、食べ歩きが嫌だという方はあらかじめ桜並木周辺のレストランで予約を取っておきましょう。

落ち着いた店内の窓から見る桜というのもまたおしゃれですね。

クルーズ

桜を道からだけでなく、水上から眺めることもできるサービスがあります。

・料金:大人4000円、12歳まで3000円

・時間:70分

夜は宴会用に貸し切っているようですね。

子どもはいつもと違うドキドキ感があってきっと喜んでくれますね!

いつもと違う雰囲気を楽しみたい方はぜひ乗ってみてください。

 

まとめ

日本一の人気花見スポット「目黒川の桜」をご紹介しました。

夜桜やお祭り、屋台、クルーズなどなど満足すること間違いなしのおすすめスポットです。

ご家族と一緒に来て楽しい思い出を作ってみてくださいね!

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください