MacOSMojave10.14.3でFreeMindが突然フリーズ!?解決方法を紹介!

スポンサードリンク

こんにちは!管理人のヤマサキです。

最近パソコンをMacに買い替えたのですが、色々と使い勝手が違って困惑しています。

中でも、超便利なマインドマップ作成ツールである「FreeMind」が使えない!という事態になってとても困りました。

同じような悩みを抱えている人のためになればと思い、私が調べて実践した解決方法をご紹介します。

スポンサードリンク

突然フリーズ!?症状を紹介

まずは症状について紹介します。

私はMacOSMojave10.14.3を使用しているのですが、FreeMindのインストール自体は問題なくできました。

もしインストール方法がわからない場合はこちらの記事をみてください。

インストールは大丈夫だったのですが、このようにノードを編集しようとしたら、

このウィンドウのままフリーズしてしまいました!
フリーズする状況としては、

・ノードの編集
・ノードの追加

が主にありました。

私はインストール後ウキウキしながらマインドマップを作ろうとしていたのですが、このフリーズで泣く泣く強制終了のボタンを押しました(泣)

解決策はFreeMind内のinfo.plistの2行を削除!

これは重大なバグだと思い、どうにか対処法はないのかとかなり探してみました。

そして色々探して試した結果、FreeMindの中にあるinfo.plistというファイルの中身を書き換えることで正常に動作するようになりました。

その方法を以下に示します。

まずはFinderからアプリケーションを開きます。

次に、FreeMindのアプリケーションの上で右クリックを押し、メニュー画面を開き、「パッケージの内容を表示」をクリックします。

そしてその中の「Contents」をダブルクリック。

そして、その中にある「info.plist」をダブルクリックしてファイルを開きます。

そうすると、中のプログラムのようなファイルが開きます。

うわあ!なんだこりゃ!と驚くと思いますが、この中にある

<key>JVMRuntime</key>
<string>jdk1.7.0_45.jdk</string>

という二つの行を削除します。

そしたら、そのファイルを保存します。
ファイル保存は「Command」とキーボードの「S」ボタンを同時に押せばできます。

以上で終わりです。

後は普通にFreeMindを開けば、ノードの編集ができるはずです。

まとめ

いかがだったでしょうか。

Macは便利なんですが、色々と不具合も出てきていますよね。
皆様のMacライフが充実すると幸いです。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください