猫のイカ耳って何?イカ耳状態の猫の気持ち4選!

スポンサードリンク

最近、飼っている猫と家族で遊んでいた時のことです。

ピンッ!

私「あっ、耳が立ってる!何だろこれ?」

家族「なんか”イカ耳”って言うらしいよそれ」

私「え、何それ・・・」

スポンサードリンク

気になった私はイカ耳について調べてみました。

すると、イカ耳の由来だけじゃなく”イカ耳の時の猫の気持ち”まで分かってしまったんです!

実は猫がイカ耳状態になる時、大きく4つの気持ちに分かれます。

とても面白い内容だったので、シェアしますね〜♪

まずは”イカ耳の由来”からご紹介します♪

イカ耳の由来ってなに?

そもそもなぜイカ耳と呼ばれているのでしょうか。

その由来は実は耳の形状に関係があるんです!

猫が耳をピンと張らせている時、そのシルエットがイカの頭のような三角形に見えることからそう名前が付いています。

ちなみに、別の説や呼び方もありますよ。

別の説:怒って(いかって)いるから

タイトルの通り、イカと怒って(いかって)いるをかけた言葉です。

猫がイカ耳になる時って、警戒していることが多いんですよね。
怒っているのかな?って見えてしまうからでしょうね。

イカロス耳

イカロスと言えば、ギリシャ神話に登場する蝋でできた翼を持つ人ですよね。

耳がピンと立っている姿が翼のように見えることから名付けられています。

ステルス耳

ステルス耳の「ステルス」は「ステルス戦闘機」から取られています。

スピード感がある、と言う意味ですね!

確かに、猫が耳を立てて警戒している時ってめちゃくちゃ素早い動きをしますよね♪

スプラ耳

これは最近流行のゲーム「スプラトゥーン」と関係があります。

スプラトゥーンの登場人物は可愛らしいイカちゃんです。

「イカ耳」のかわいい呼び方として生まれた言葉です。

猫の耳は気持ちを表す?

猫は人間の400倍もの聴力を持っていると言われ、とても耳が良い生き物です。

つまり、音から得られる情報がとても大きいんですね。

そのため、音だけで分かることがとても多いんです!
例えば、

「エサの袋の音がする!ご飯だ!」
「飼い主以外の足音、つまり敵だ!」
「何か小動物の動いた音がした!狩の時間だ!」
「ご主人が呼んでいる!何かいいことがあるかも?」
という感じです。

そのため、耳を見れば猫の気持ちを理解することができるんですね。

猫がイカ耳になるシチュエーション4選

耳を色んなところに動かしている:不安 

興味があるけれど少し不安な気持ちを表しています。

「どこから音が聞こえているのか分からない。興味はあるけど警戒しなきゃ!」という場面です。

この動画では2匹の猫の不安な気持ちが良くわかります。
ちょっと怯えてる猫かわいい

耳を前に向けてピンと立てている:警戒または興味がある 

前からの音の情報をしっかり聞こうとしています。
警戒している時だけじゃなく、興味津々な時にもイカ耳になります。

「何か前方にいる!」
「ご飯の音だあああ!」
「これ一体何だろう?」

というように、気持ちがとても高ぶっている様子です。

一緒にヒゲがピクピク動いているととても興奮しています。

こちらの動画なんかとても分かりやすいですよね。
耳を前に傾けて、目一杯ゴリラくんの情報を得ようとしています。
本当かわいい

耳を後ろ方向に向けて寝かせている:怒っている、驚いた!怖い

ご機嫌ナナメの時のイカ耳です。

「大好きなおもちゃがない」
「音が大きい」
「独りにしてほしい、触らないで」

などなど、怒っています。 

基本、イライラしていたりビクビク怯えていることが多いです。
むやみに触ったりしないようにしましょう。

こんな感じで戦闘態勢の時も後ろを向いています。(めっちゃかわいい)

耳を横に寝かせている:リラックスしている

 一番自然な状態です。

まったりと穏やかな状態で、安心・くつろぎを感じています。

頭を撫でてもらっている時や、日向で昼寝中などによくなりますね。

カワイイ!

豆知識:尻尾も猫の気持ちを表す

実は尻尾も猫の気持ちを表すと言われています。

まとめると以下のようになります。

・尻尾をピンと立ててすり寄ってくる:親愛の証
・尻尾を膨らませて弓なりに立つ:威嚇
・尻尾を足の間に挟む、体に巻きつける:恐怖
・大きくゆっくり動かす:興味・興奮、リラックス
・尻尾を前足に巻きつける安心、リラックス
・大きく左右にバタバタと激しく振る:不快
・呼んだ時、小さく尻尾を振る:聞こえてるけど面倒

猫の耳と尻尾を見ているだけでも、色々な気持ちが分かりますね!

まとめ

基本的にイカ耳状態の猫は警戒していたり、怒っていることが多いです。

イカ耳の猫はとてもかわいいですが、基本そっとしておきましょう。

無理に触ったりすると、思わぬ反撃を受けることになります笑

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください