仁和寺の桜の見ごろ2018!遅咲きの御室桜と五重塔の景色は必見!

スポンサードリンク

「満開の桜を見たりお花見したいけど、人込みが多いところは嫌だな・・・」

「仕事が忙しくて、4月上旬は予定が空けられない・・・」

そんな方におすすめなのが大阪城公園です!

仁和寺には一般的な桜の満開時期である4月上旬だけでなく、4月中旬~下旬にかけても遅咲きの御室桜があるため、時期をずらしてお花見を楽しむことができます。

約200本を超える桜と五重塔の景色は壮観です!

スポンサードリンク

仁和寺の桜の基本情報

◆さくら祭り期間

4月上旬~4月下旬、8時30分~17時(桜の開花に合わせて)

◆ライトアップ時間

なし

◆桜の種類

ソメイヨシノ、シダレザクラ、御室桜

◆アクセス

住所:京都府京都市右京区御室大内33

・電車:嵐電北野線御室仁和寺駅からすぐ

・車:名神高速京都南ICから約40分

仁和寺の桜の見ごろ

仁和寺の2017年の桜の開花時期を調べたところ、以下の通りです。

2017年仁和寺の桜の開花時期

4月11日:開花
4月13日:3分咲き
4月14日:5~7分咲き
4月15日:満開
4月17日:満開
4月18日:散り始め
4月19日:落花

去年は4月15~17日に満開日を迎えているようですね!

また、京都の過去の開花日は以下の通りです。

※さくらの開花・・・つぼみのうち、5~6輪の花が咲いた状態
→上の表でいう「開花」の日に該当します。

京都の過去の開花日

2011年:3月28日
2012年:4月3日
2013年:3月22日
2014年:3月27日
2015年:3月27日
2016年:3月23日
2017年:3月31日

仁和寺の桜は京都全体の桜の開花日と比べて1~2週間ほども遅いようです。

今年の気温も例年並みという予想でしたので、2018年は

・開花日:4月10日前後
・満開日:4月中旬

ぐらいだと予想されます。

開花してから満開までの期間が結構短いですので、注意が必要ですね。

仁和寺の桜の魅力

仁和寺は中門に入ると、左手に2~3mほどの背の低い「御室桜」が見られます。

御室桜はその樹高の低さから、お多福の鼻が低いこととかけて「お多福桜」とも呼ばれており、観桜客からの人気が高いです。

また、背が低いため、御室桜の間から境内の五重塔を眺めることができます。

35秒あたりの御室桜と五重塔の共演はとてもきれいですね!

江戸時代からほとんど景観が変わっていないと言われいますので、訪れた際はぜひ写真に収めてくださいね。

御室桜は背が低いため桜の花を目の前で楽しむこともできますし、記念撮影も撮りやすいです。

国の重要文化財にも指定されている五重塔をバックに御室桜と一緒に撮影するのが定番だと言われています。

御室桜は人よりちょっと背が高いくらいだから写真に撮りやすそうですね!

https://twitter.com/Snowkatze0122/status/853552425579315200

仁和寺は夕方以降、ライトアップされますので夜桜&五重塔がまた風情があって美しいですね~。

写真で見るだけでもかなりきれいなので、実物で見てみたいです!

 

その他補足情報

◆駐車場

100台の有料駐車場あり(500円/1台)

◆料金

・高校生以上:500円
・小中学生:200円

◆トイレ

4か所

◆バーベキュー

火気厳禁のためできません。

◆お問い合わせ先

真言宗御室派 総本山仁和寺

・TEL:075-461-1155
・URL:http://www.ninnaji.jp/

まとめ

京都の仁和寺の桜情報について紹介しました。

人の背丈に近い御室桜と重要文化財でもある五重塔が作り出す景色はまさに絶景です!

御室桜は遅咲きの桜でもあるため、4月中旬~下旬にかけても観桜を楽しむことができます。

ぜひ一度訪れてみてください。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください