2019年ゴールデンウィークに行きたいおすすめの花畑の名所10選!~藤の花~

スポンサードリンク

「ゴールデンウィークのいいデートスポットって無いかな」という悩みはありませんか?

ゴールデンウィークってどこも人がいっぱいでデートを楽しむことがなかなか難しいですよね。

そこで、今回はゴールデンウィークに見ごろを迎える「藤の花」の名所をご紹介します。

風情もあるしとても美しい藤の花は穴場のデートスポットとしておすすめです!

①春日大社

基本情報

・藤の見ごろ:4月下旬~5月上旬
・場所:奈良県奈良市春日野町160
・拝観料:大人500円

日本最古の万葉植物園でもある春日神社には、早咲きから遅咲きまでの20品種、200本の藤が咲いています。

ちょうどゴールデンウィーク中に満開を迎えます。

②白毫寺

基本情報

・藤の見ごろ:5月初旬~5月中旬
・ライトアップ期間:見ごろと同時期
・ライトアップ時間:18時30分~21時
・場所:兵庫県丹波市市島町白毫寺
・拝観料:無料

白毫寺の藤の最大の魅力はライトアップされた美しい景色です。

まるでオーロラのように色とりどりできれいですね!

③平等院

基本情報

・藤の見ごろ:4月下旬~5月上旬
・場所:京都府宇治市宇治蓮華116
・拝観料:大人600円

世界遺産にも認定されている平等院を背景にした藤は美しく、歴史を感じます。

動画冒頭の藤棚と平等院の組み合わせは本当に風情があって素敵ですね。

④信達宿

基本情報

・藤の見ごろ:4月中旬~4月下旬
・ライトアップ期間:見ごろと同時期(2017年は4月17日~26日)
・ライトアップ時間:日没~20時
・場所:泉南市信達牧野1338
・料金:100円

信達宿の藤は鮮やかで濃い色の『野田藤』が有名です。

ライトアップされることで一層美しさが増します。

⑤みやまの里

基本情報

・藤の見ごろ:4月中旬~5月初旬
・場所:和歌山県日高郡日高川町初湯川202
・料金:500円

みやまの里の藤棚は日本一の長さを誇り、なんと「1646m」もあるそうです!

解放された大自然の中、ゆったりと歩きながら藤を楽しんでみてくださいね!

⑥白井大町地藤公園

基本情報

・藤の見ごろ:4月下旬~5月中旬
・ライトアップ期間:藤の満開時(2017年は5月12日~14日)
・ライトアップ時間:18時30分~21時
・場所:兵庫県朝来市和田山町白井
・料金:中学生以上500円

白井大町地藤公園のおすすめはライトアップされた美しい藤です。

薄暗い中浮かび上がる藤の花はとてもきれいですね~。

特に白い藤はとても幻想的でデートでのいい雰囲気が作れそうですね!

⑦才ノ神

基本情報

・藤の見ごろ:4月下旬~5月中旬
・場所:京都府福知山市大江町南有路
・料金:無料

京都で藤を楽しめるスポットとして有名な才ノ神。

とても美しいですね!

才ノ神の近くには福知山城や観音寺、福知山公園など観光スポットも多くあり、近場でデートプランを立てられるというのもおすすめのポイントです。

⑧京都御苑 拾翠亭

基本情報

・藤の見ごろ:4月下旬~5月上旬
・場所:京都府京都市上京区京都御苑3
・入場料:100円

京都御苑にある藤は九条池という水辺に植えられており、伝統的な日本の建物と写る景色はとてもきれいです。

⑨三大神社

基本情報

・藤の見ごろ:5月上旬~中旬
・場所:滋賀県草津市志那町309
・拝観料:200円

とても鮮やかな藤ですね。

ライトアップされた景色はまるで別世界に迷い込んでしまったかのような不思議さがあります。

⑩大歳神社

基本情報

・藤の見ごろ:4月下旬~5月上旬
・場所:兵庫県宍粟市山崎上寺122
・入場料:無料

大歳神社の「千年藤」と呼ばれ、その名の通り1000年以上の時を生きているのです。(西暦940年に植えられたと伝えられています)

花の長さが1.4mにもなるという千年藤が作る藤棚はまさに絶景です!

最後に

関西にあるおすすめの藤の名所をご紹介しました。

藤の花言葉には「恋に酔う」とある通り、気になる女性とのデートにはピッタリの花ですね!

美しい景色と藤の甘い香りを楽しんでくださいね。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください