梅雨の洗濯どうすればいい?一人暮らしにおすすめの方法とは!?

スポンサードリンク

梅雨の洗濯物、一人暮らしでもできる楽で簡単な乾かす方法を知っていますか?

梅雨はじめじめして洗濯物が乾きにくいので、生乾きのにおいがかなりきついですよね。

カビなんて生えてきたら「うわああああああ」って発狂ものです。

そこで、一人暮らしでもできる梅雨の洗濯方法を紹介します。

スポンサードリンク

①梅雨を乗り切る便利なアイテム

一人暮らしにとってはとにかく”簡単に”できる方法で効果が高いものが良いですよね。
ということで最初に考えるのは「機械の力に頼る」です。

除湿器、扇風機、エアコン

少しくらい電気代がかかっても良いならばエアコンつけて扇風機回せばだいたいきれいに乾きます。
最近は除湿機能の付いているエアコンも多くありますので、まずは文明の利器で面倒な部屋干しを乗り切りましょう。

つっぱり棒

部屋干しでよくありがちなこととして、カーテンレールにハンガーなどをかけて干すやり方。
カーテンレールに干すと、カーテンや窓ガラスに接触するため、とても乾きにくくなってしまいます。
しっかりと部屋干し用のつっぱり棒を使って干すことが重要です。

ランドリーボックス

次におすすめなのが、洗濯物の空気の通りを良くするためのランドリーボックスです。
一人暮らしだと3日分くらいの洗濯物をため込んじゃうこともざらですよね。

こまめに洗濯するのが一番なのですが、それができない方は脱いだ衣服をランドリーボックスのように風通しの良い洗濯かごを用意しましょう。

②最適な干す場所は「浴室」!?

エアコンや除湿器を使わない場合でも干す場所を浴室にすることで生乾きを予防できます。
浴室はもともと湿気が多くなりがちなので、湿気に対して特に気を付けて設計されているものがほとんどです。

そのため、イメージと違って浴室は干す場所として最適なんです。
換気扇を回して扇風機を当てることで、かなり乾きが早くなります。

③梅雨の生乾きを防ぐ洗濯方法

こまめに洗濯する

1回に洗濯する量が減ると、干すときに洗濯物が重なりにくいので乾きやすいです。
目安は浴室で一度に干せる量を一度に洗濯するとよいですね。

洗濯後、もう一度手動で脱水

洗濯機は自動で洗濯から脱水までしてくれますが、そこからさらに脱水をすることでかなりの水分を飛ばすことができます。

洗剤は多く入れすぎない

生乾きのにおいがするなら、洗剤を多く入れればにおいが取れるんじゃね?と思うかもしれません。
しかし、適量よりも多いと余分な洗剤が流れきれず縫い目や生地に残ってしまう危険があります。
そうなるとさらに生乾きがひどくなる可能性があるのでしないようにしましょう。

④干し方で大きく変わる!

最後に、洗濯物の干し方について紹介します。
ちょっとめんどくさいけど、洗濯物の生乾きの予防策には効果的なのでおすすめです!
①~③の方法ができる人がさらに、って感じで使うと良いですね。

衣類を裏返して干す

基本的にシャツやズボンなどは裏側に縫い目(生地が重なっている部分)があるため、普通に干すと、縫い目の部分が乾きづらくなります。

そこで、洗濯物を裏返すことで乾きやすくなります。

厚手と薄手、丈が長いものと短いものは交互に干す

厚手だけを固めて干すと乾いていない布同士がくっつきさらに乾きが遅くなります。

空洞を作って干す

厚めの上着:ハンガーを二つ使い首の部分を広げてあげたり、逆さに干すと乾きやすくなります。
ジーパン:筒干しして空間を空けます。

まとめ

一人暮らしにおすすめの梅雨の洗濯方法を紹介しました。
エアコンや除湿器などはとても効果的ですが、工夫で乾き方はかなり改善できます。

まずは簡単なものから試してみてくださいね。
生乾きのない、快適な梅雨ライフを送りましょう!

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください