梅雨のカビ対策を場所ごとに紹介!仕事で忙しい一人暮らしでもできる簡単方法とは!?

スポンサードリンク

梅雨の時期のカビ対策を知りたくありませんか?

梅雨といったら、部屋中がじめじめ・・・
あちこちにカビが生えて大変なことになりますよね。

そこで、ここでは一人暮らしでもできるおすすめのカビ対策方法を紹介します。

スポンサードリンク

①浴室・洗面所のカビ対策

家の中でカビが生えやすい場所No.1の浴室や洗面所は特に注意が必要です。
お風呂場にはぬるぬるとした赤カビが生えます。
対策としては、とにかく赤カビの繁殖するために必要な「水分」を取り除くことです。

浴室・洗面所のカビ対策

・お風呂から上がったらすぐにお湯を抜く。
・浴槽にできるだけお湯を残さない。
・換気扇を回す。

換気扇は梅雨の時期は1日中回していても問題ないと思います。
電気代も安く、24時間使いっぱなしにしても月々数百円以内に収まります。

②キッチンのカビ対策

キッチンは風呂場の次にカビが生えやすいところです。
さらに食材の残りや生ごみもありますので、カビの繁殖には最高の環境になってしまいがちです。

キッチンのカビ対策

・生ごみはためずにさっさと捨てる。
・排水溝のゴミ受けにアルミホイルを丸めて入れておく。
・食器や調理器具をハイター消毒する。

アルミホイルは水分中にあると、金属イオンを放出するのですが、これに殺菌作用があります。

③洗濯機のカビ対策

意外と知られていませんが、梅雨の時期は洗濯機は非常にカビが生えやすくなります。
場所は洗濯機のドラム部分で、黒カビなどが生えてせっかく洗濯した衣類に付着してしまいます。

洗濯機のカビ対策

・洗濯機のふたを開けておく。
・洗濯機の乾燥機能を使って内部を乾かしておく。
・もし黒カビが衣服についているのが見つかったら専用の洗浄液で掃除する。

黒カビは人の免疫力を低下させる毒素のある怖いカビですので、しっかり対策しておきましょう。

④靴箱のカビ対策

梅雨の時期は靴の中が湿気でめちゃくちゃ蒸れてしまいます。
さらに雨でびしょびしょになってしまった靴などは放っておくとカビが繁殖してしまいます。

靴箱のカビ対策

・靴箱はちゃんと締め切り、除湿剤を常備しておく
・もし雨で濡れた場合は中敷きを出してしっかり乾かす

⑤布団のカビ対策

朝起きた後布団やシーツをそのままにして出勤・登校していませんか?
人間は寝ている間にコップ1杯分も汗をかきますので、そのままにしておくと「布団にカビが生えて捨てないといけなくなった・・・」という羽目になります。

布団のカビ対策

・床と布団の間にスノコを敷く。
・布団乾燥器を使う。
・朝起きたら布団やシーツを裏返して外出する。

おすすめは布団乾燥器で、夏場は湿気対策に、冬場は夜寝る前に布団の中を温める湯たんぽ替わりにと使い勝手が良い製品です。

カビ対策グッズ

一人暮らしの梅雨を乗り切るためのおすすめのカビ対策グッズを紹介します。
簡単に使えるものばかりですので、ぜひ試してみてくださいね。

・タイルバスマット

お風呂場の前に敷いているバスマットは布製だと濡れやすいため、カビが発生しやすくなります。タイルでできたマットだと水分を吸収してくれるため、いつも乾いていています。

・木炭、重曹

木炭は無数の小さな穴があるため、水分だけでなく脱臭効果もあります。
かごなどの容器に入れて除湿&脱臭したい場所に置くだけなのでカンタンです。
重曹も同様の効果があり、使い方もお皿の上に入れて置いておくだけでOK!

・新聞紙

布団や部屋干ししている衣類の下など、お手軽に使えて除湿効果があります。

 

まとめ

いかがでしたか?
仕事や学校で忙しい一人暮らしでもできる簡単なカビ対策方法を紹介しました。

身近なものでも十分効果を発揮しますので、カビが発生する前にようにしっかりと対策して快適な梅雨ライフを送りましょう!

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください