【図解解説】梅雨に雨が多いのはなぜ?梅雨前線のでき方を解説!

スポンサードリンク

なぜ梅雨に雨が多いか知っていますか?

ここでは、その理由について図を用いて解説してみました。

スポンサードリンク

梅雨に雨が多い理由

梅雨に雨が多い理由は一言で言うならば、

「温かい空気と冷たい空気がちょうど日本列島上空で衝突するから」

です。

日本の上空では、6月になると北極で発生した冷たい空気のかたまり(オホーツク気団)が南下し、太平洋で発生した暖かい空気のかたまり(小笠原気団)が北上してきます。

日本列島の近くでこの二つの大きな空気が衝突すると、冷たい空気は下に潜り込み、暖かい空気は上に行きます。

地球が自転しているので、空気は少し渦を巻きながら動きます。

太平洋から来た暖かい空気はたくさんの水分を含んでいますので、空気と一緒に大量の水蒸気が上空に持ち上げられます。

上空は気圧が低くなっているので、水蒸気から水に変化します(これが雲)。

そして空中の水が固まって雨となって地上に落ちてくるのです。

つまり、この境目(下図の黄色の部分)では雨が降りやすいのです。

この時期は冷たい空気と暖かい空気が長い間日本列島上空に居座り続けます。

そのため、ずっと雨が続いてしまう「梅雨」になるのです。

 

※上空から見ると、冷たい空気と暖かい空気の境目がこのように見えます。

この境目を「梅雨前線」と言い、よく天気予報で出てくる線です。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください