ハウステンボスの真夏のスペシャル大花火2019!大人気「デザイン花火」とおすすめの穴場スポットを紹介!

スポンサードリンク

夏と言ったら花火!
花火と言ったらハウステンボスの花火大会ですよね!

この夏恋人とデートどこに行こうかな・・・と迷っている方にはぜひおすすめです。

ここでは、花火大会の基本情報や見どころ、おすすめの穴場スポットなどを紹介しています。

スポンサードリンク

ハウステンボス”真夏のスペシャル大花火”の基本情報

◆大会期間

7月13日(土)
8月10日(土)

20時~21時30分

◆花火の打ち上げ数

 

◆アクセス

住所:〒859-3292 長崎県佐世保市ハウステンボス町1−1

・電車:JRハウステンボス駅を下車後すぐ
・車:国道205号佐世保大塔ICから

ハウステンボス”夏一番花火大会”の見どころ

2018年の夏一番花火大会の見どころは、世界的デザイナーであるコシノジュンコさんがプロデュースを手掛ける「デザイン花火」です。

ハウステンボスのHPでも以下のように大々的にアピールされており、期待が高まりますね!

 

ちなみに、昨年の花火はこんな感じでした。

すっごいですね!

特に1分13秒あたりの演出が好きです。
それまで打ち上がっていた花火がスッとなくなったと思ったら大きな花火がドカンと登場するところが個人的におすすめです。

動画で見てもこれだけ驚くんだから、実物の迫力は相当ヤバいですよね。

今年も感動の花火が来ること間違いなしです!

ハウステンボス”夏一番花火大会”のおすすめ穴場スポット

ハウステンボスの花火は毎年”ウォーターマークホテル”の目の前で行われます。

そのため、花火が見やすい場所は


・ハーバータウン
・アムステルダムシティ
・スリラーシティ

あたりになるかと思います。

もちろん、ここから見える景色はとてもきれいなのですが、とにかく人込みがすごい・・・。
せっかくのきれいな花火もなかなか楽しめなくなってしまいます。

ウォーターマークホテルや周辺ホテルも人気が高くなかなか予約がとれないです。

そこで、おすすめなのが「観覧車から見る」ということです。
観覧車ならば完全個室でしかも高所のため花火を建物にさえぎられることがありません。

「人込みが苦手・・・」
「恋人と二人だけで花火を楽しみたい」

という方はぜひお試しくださいね。

まとめ

九州最大の18000発の壮大な花火が打ちあがるハウステンボス”夏一番花火大会”について紹介しました。

とてもきれいな花火大会ですので、恋人と一緒に来て素敵な思い出を作ってくださいね。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください