諫早万灯川まつり2018!美しい万灯と花火の絶景は必見!

スポンサードリンク

長崎県諫早市で毎年行われている「諫早万灯川まつり」。
本明川を流れる美しい万灯の景色はテレビにも取り上げられるほど有名で、とてもきれいです。

ここでは、諫早万灯川まつりの基本情報や見どころなどを紹介しています。

スポンサードリンク

諫早万灯川まつりの基本情報

◆祭り期間

7月25日(水)20時~

◆花火の打ち上げ数

約2000発

◆人出数

約5万人

◆アクセス

住所:長崎県諫早市本明川河原一帯

・電車:JR諫早駅から徒歩15分、島原鉄道本諫早駅から徒歩5分

諫早万灯川まつりの見どころ

①本明川付近の美しい万灯のライトアップ

もともとこのお祭りは、1957年に起きた諫早大水害によって命を落とした犠牲者の冥福をお祈りするために催されています。

そして、この追悼の気持ちを約23000本の万灯に込めて川に流しているのですが、川を埋め尽くさんばかりのきれいな万灯の景色が印象的ですよね。

川に流れている無数の明かりが万灯です。
とても幻想的できれいですよね。

私も学生時代によく友達と遊びに行ったりしたのですが、毎回感動してました。

②本明川に咲く2000発の花火

そして見逃せないのが万灯が流されるのと一緒に花火が打ち上げられることです。

万灯と花火のコラボレーションは本当に息を飲むほどきれいです!

めちゃくちゃきれいですよね!
生で見ると別世界に来たのかな?と思うほどすごい景色です。

渋滞状況について

本明川付近の道路はそこまで広いわけではありません。
それに加えて毎年4~5万人の人が集まり、屋台も開かれますので、かなりの混雑が予想されます。

有料席などもないので、もし良い場所で花火を見たい場合は夕方ごろから場所取りをしておくと良いと思います。

それから、混雑を避けたいなら屋台を回ったり万灯を見たりと一通り祭りを楽しんだら、会場から少し離れた場所から花火を見ることをおすすめします。

私も一度人込みの中で友達とはぐれてしまい、花火がちゃんと見れなかった苦い思い出があります(笑)

少し離れた場所からでも十分花火を楽しむことができます。
特にデートでお祭りに来るカップルにはおすすめですよ。

その他補足情報

駐車場は4か所

①上山公園駐車場(100台):10:00~22:00
②光江橋下河川敷(300台):17:00~23:00
③文化会館駐車場(320台):19:00~22:00
④中央ふれあい駐車場(100台):常時開放

雨天時は延期

大雨や強風の場合は延期となり7月26日~31日の間の1日に開催されます。

まとめ

長崎県諫早市で開催されている「諫早万灯川まつり」を紹介しました。

本明川を流れる万灯と花火の景色はまさに絶景です!
ぜひ見に行ってみてくださいね。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください