くきのうみ花火の祭典2018の穴場スポットを紹介!ナイアガラの滝や1尺玉がおすすめ!

スポンサードリンク

福岡県で毎年開催されている「くきのうみ花火の祭典」。
ナイアガラ花火や1尺玉、音楽との共演など、おもしろい花火が目白押しです!

「花火デートに一緒に行きたいけど福岡でどこかいいところないかな・・・?」と悩んでいる方にはぜひおすすめですよ!

ここでは、くきのうみ花火の祭典の基本情報や見どころ、穴場スポットなどを紹介しています。

スポンサードリンク

くきのうみ花火の祭典の基本情報

◆祭り期間

2018年7月下旬(2017年は7月29日)

※20時~20時40分

◆花火の打ち上げ数

4000発

◆人出数

約45万人

◆駐車場

なし

◆アクセス

住所:福岡県北九州市若松区 洞海湾、若戸大橋周辺

・電車:JR戸畑駅から徒歩5分、JR若松駅から徒歩3分

※花火大会の当日は18時~22時の間、交通規制が行われますのでご注意ください。

くきのうみ花火の祭典の見どころ

ナイアガラの滝、1尺玉

くきのうみ花火の祭典の見どころは多彩な花火です。
中でも全長260メートルを超えるナイアガラの滝と呼ばれる花火や1尺玉は人気が高いです。

ナイアガラの滝は下の動画の1分45秒あたりから始まる横長の花火です。

水の流れなどがとてもきれいに再現されていて美しいですね!
また、音楽人合わせて花火が打ちあがっているのも好きです。

そして、下の動画の40秒あたりからのクライマックスでは右側で一際大きな花火が出ていますが、これが1尺玉です。

1尺玉は直径約30センチ、重さ約8.5キログラムもあり、東京タワーとほぼ同じ高さ320メートルまで上がる特大花火です。

これだけ大きいと、視界いっぱいに花火が映ってとてもきれいになりますね。

花火を見る場所は若戸大橋の周辺が一番良いのですが、とにかく人が多い!
特にデートなどで来ている方は二人きりの時間を楽しみながら花火を見たいものです。

そこで、若戸大橋周辺にあるおすすめの穴場スポットを紹介します。

穴場スポット①高塔山

一番おすすめしたいのは高塔山です。
ここは若戸大橋周辺を一望できるんです。

花火が打ちあがるころは丁度夜なんですが、夜景がめちゃくちゃきれいなんですよね。
花火と夜景ってすごく合いますし、デートに最高の場所です。

穴場スポット②久岐の浜

久岐の浜からは若戸大橋全体がしっかり見えるのでおすすめです。

穴場スポット③都島展望台

3つ目は都島展望台です。

ここは戸畑駅から近く、無料駐車場があるため、別の場所でデートに行ってから展望台に行く、というプランが立てやすいです。
トイレがきれいなのも隠れポイント。

また、夜は潮風が吹いてとても気持ちいいんですよね。

穴場スポット④イオン戸畑店

イオンの屋上は花火見学にはもってこいの場所です。

イオンがすぐ下にあるので、食事や買い物、映画館などデートプランが立てやすいのがGOOD。

まとめ

福岡県で毎年開催されている「くきのうみ花火の祭典」の花火を紹介しました。

ナイアガラの滝や1尺玉、音楽との共演など見どころいっぱいの花火大会です。

ぜひ見に行ってみてくださいね!

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください