有明海花火フェスタ2018!スカイナイアガラの花火やおすすめの穴場スポットを紹介!

スポンサードリンク

福岡県で毎年開催されている「飯塚納涼花火大会」。
中でも注目なのがバイク型花火やナイアガラの滝などの独創的な仕掛け花火です!

「花火デートに誘いたいけどどこがいいかな・・・?」と悩んでいる方にはぜひおすすめですよ!

ここでは、飯塚納涼花火大会の基本情報や見どころ、穴場スポットなどを紹介しています。

スポンサードリンク

有明海花火フェスタの基本情報

◆祭り期間

2018年8月下旬(2017年は8月27日)

時間:19時30分~20時30分

◆花火の打ち上げ数

8000発

◆人出数

約11万人

◆駐車場

3000台、料金500円/1日

◆アクセス

住所:福岡県柳川市橋本町389 むつごろうランド周辺

・バス:西鉄天神大牟田線西鉄柳川駅からシャトルバスで40分、降車場から徒歩10分。
・車:九州道みやま柳川ICから車で40分。

有明海花火フェスタの見どころ

1キロメートルを超える巨大”スカイナイアガラ花火”、二尺玉

有明海花火フェスタの花火の見どころは迫力たっぷりの特大花火です。

まずは1キロメートルを超える”スカイナイアガラ柳川スペシャル”という花火です。
下の動画の1分10秒あたりから始まる花火がそうです。

とてもきれいですね!
滝から水が落ちる様子を表現しており、それが横に長くつながっているのは面白いですね。

他にも、この動画の1分40秒あたりから始まる超特大花火・通称「二尺玉」も見どころです。

二尺玉というのは花火の大きさを表しており、直径58.5cm、70kgもの大きさで打ちあがる高さも500mとけた違いです。
他のと比べて一際大きな花火ですね。
直接見たら迫力すごそう。

他にない大迫力な花火大会ですから、デートにももってこいのイベントですね!
しかし、有明海花火フェスタは人が多く集まりますので、人混みに悩む方も多いと思います。

特にデートなどで来ている方は二人きりの時間を楽しみながら花火を見たいものですよね。

そこで、花火会場周辺にあるおすすめの穴場スポットを紹介します。

穴場スポット①むつごろうランドの南にある池沿い

個人的に一番おすすめしたいのは柳川公園の池沿いです。
ここは花火会場からとても近いため、大迫力で花火を見ることができます。

ただ、近すぎるため、ナイアガラや二尺玉の火の粉が飛んでくることもあるそうです。

穴場スポット②柳川ひまわり園

2つ目は柳川ひまわり園です。

ここは会場の裏側にある場所で、人が少ないため二人きりで見たい場合にはおすすめですね。
また、会場まで高い建物が少なく(畑や田んぼが多い)、花火もしっかり見えるのもポイントです。

まとめ

福岡県で毎年開催されている「有明海花火フェスタ」を紹介しました。

1キロメートルを超えるナイアガラの滝や二尺玉など見どころいっぱいの花火大会です。

ぜひ見に行ってみてくださいね!

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください