天神祭奉納花火2018!見どころや穴場スポットを紹介!

スポンサードリンク

大阪で毎年開催されている「天神祭奉納花火」。
紅梅花火や文字花火など、特徴ある花火ばかりです。

「夏祭りにデートに誘いたいけどどこがいいかな・・・?」と悩んでいる方にはぜひおすすめですよ!

ここでは、天神祭奉納花火の基本情報や見どころ、穴場スポットなどを紹介しています。

スポンサードリンク

天神祭奉納花火の基本情報

◆祭り期間

2018年7月下旬(2017年は7月25日) 19時30分~20時50分

◆花火の打ち上げ数

5000発

◆人出数

130万人

◆駐車場

なし

◆アクセス

住所:〒534-0027 大阪府大阪市都島区中野町1丁目 ほか 10
電車:JR桜ノ宮駅西口から桜之宮公園沿いを南へ徒歩2分、京阪鉄道・大阪市営地下鉄天満橋駅から徒歩5分

天神祭奉納花火の見どころ

「紅梅花火」と「文字花火」

天神祭奉納花火の見どころは「紅梅花火」「文字花火」という二つの目玉花火です。

「紅梅花火」というのは、梅の名所である大阪天満宮のオリジナル花火で、梅鉢のような形に打ち上げられます。

https://twitter.com/AquaFutsal/status/752691181834760192

また、文字花火は名の通り文字の形の仕掛け花火で、よくスポンサーの企業名を花火にしています。

とても珍しい花火でおもしろいですね~♪

天神祭奉納花火のおすすめ穴場スポット

来場者130万人近く動員される超大規模な花火大会ですから、デートにももってこいのイベントですね!
天神祭は人が多く集まりますので、人混みに悩む方も多いと思います。

そのような方のために、有料席・無料の穴場スポットをご紹介します。

有料席

有料席は以下の通りです。

天満クリエイト 特別観覧席(500席限定)

・時間:18時~21時
・場所:桜ノ宮公園南側
・料金:小学生以上8500円、小学生以下無料
・その他:お弁当・飲み物あり
大阪天満宮社務所 特別観覧席(500席限定)

・時間:18時~21時
・場所:桜ノ宮公園南側(造幣局対岸)
・料金:一人8500円
・その他:お弁当・飲み物あり
天神祭特別プロジェクト事務局

・時間:18時~21時
・場所:大阪ふれあいの水辺
・料金:テーブル指定4人席22000円、砂浜自由席一人4000円
・その他:どちらにもソフトドリンク1杯

場所取りがめんどうとか、どうしても人混みが苦手だという方は有料席を申し込んでみてはどうでしょうか。

穴場スポット①都島橋

ここは花火の打ち上げ会場から少し離れているものの、ライトアップされた大阪城をバックに見ることができます。
花火と大阪城のコラボレーションはとてもきれいですよ!

また、少し歩けば屋台街に出るのでおすすめの穴場です。

穴場スポット②川崎橋

花火会場から少し離れています。
自転車・歩行者専用なので車の心配がなく見れます。
人混みから離れてゆっくりと花火を楽しみたい方におすすめです。

ただ、18時以降は歩行者も通行止めになるので気を付けましょう。

穴場スポット③OAPタワー

打ち上げ会場からとても近く、大迫力の花火を楽しめるのがポイントです。
ただ、仕掛け花火は場所の関係上見づらくなっています。

天満駅、大阪天満宮駅、地下鉄鉄扇町駅などと近いので、気軽に来れます。

まとめ

大阪で毎年開催されている「天神祭奉納花火」を紹介しました。

オリジナル花火の紅梅や文字花火など、見どころいっぱいの花火大会です。

ぜひ見に行ってみてくださいね!

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください