足立の花火2018!圧巻の1万2000発のスターマインを見逃すな!穴場スポットを紹介!

スポンサードリンク

東京で毎年開催されている「足立の花火」。
ザ・王道の花火大会で、1万2000発もの花火がまるで小さな太陽のように鮮やかに咲き乱れます。

「夏祭りにデートに誘いたいけどどこがいいかな・・・?」と悩んでいる方にはぜひおすすめですよ!

ここでは、足立の花火の基本情報や見どころ、穴場スポットなどを紹介しています。

スポンサードリンク

足立の花火の基本情報

◆祭り期間

2018年7月下旬(2017年は7月22日) 19時30分~20時30分

◆花火の打ち上げ数

1万2000発

◆人出数

61万人

◆駐車場

なし

◆アクセス

住所:〒120-0031 東京都足立区千住大川町12−1号先

電車:

・地下鉄(千代田線・日比谷線) 北千住駅 (4番出口)から徒歩15分
・JR・東武・つくばEx 北千住駅 (西出口)から 徒歩15分
・東武伊勢崎線・日光線 五反野駅から徒歩20分
・東武伊勢崎線・日光線 小菅駅から徒歩20分
・東武伊勢崎線・日光線 梅島駅から徒歩20分

足立の花火見どころ

1万2000発の大迫力花火

足立の花火は何といっても圧倒的な迫力の花火です。
特に、フィナーレは3分間に4000発ものスターマイン花火を打ち上げます(平均毎秒20発)。

下の動画の3分ごろから始まるのですが、『圧巻』の一言に尽きます。

 

特に、「キラッキラッ」と光る花火、個人的に大好きです。
冬のダイヤモンドダストみたいな感じで、宝石のような煌めきが本当にきれいです。
↓こんなやつ。あの花火の名前何て言うんだろう。

足立の花火のおすすめ穴場スポット

来場者約61万人という超大規模な花火大会ですから、デートに行きたいイベントとしても人気が高いです!
ただ、人が多く集まりますので、人混みに悩む方も多いと思います。

そのような方のためにおすすめの穴場スポットをご紹介します。

 

穴場スポット①荒川西新井緑地

個人的に最もおすすめしたいのは荒川西新井緑地からの眺めです。

花火との距離も程よく、遮るものもほとんど無いので存分に花火を楽しめます。

対岸にスカイツリーが見えることもあるそうなので、そこもポイントですね♪

穴場スポット②西新井橋の北の河川敷

ここは打ち上げ場所から割と近いのに意外と人が少なめでおすすめです。

ただ、駅からは少し離れているのが残念です。

穴場スポット③千住新橋グラウンド

打ち上げ会場からは少し離れていますが、十分十分花火を楽しむことができます。

個人的には虹の広場からの景色がきれいなのでおすすめです。

まとめ

東京都で毎年開催されている「足立の花火」を紹介しました。

1万2000発の大迫力の花火が楽しめる関西屈指の人気の花火大会です。

ぜひ見に行ってみてくださいね!

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください