葛飾納涼花火大会2018!おすすめの穴場スポット4選を紹介!

スポンサードリンク

東京で毎年開催されている「葛飾納涼花火大会」。
1万3000発もの花火が間近で見られる大迫力の花火大会です。

「夏祭りにデートに誘いたいけどどこがいいかな・・・?」と悩んでいる方にはぜひおすすめですよ!

ここでは、葛飾納涼花火大会の基本情報や見どころ、穴場スポットなどを紹介しています。

スポンサードリンク

葛飾納涼花火大会の基本情報

◆祭り期間

2018年7月下旬(2017年は7月25日) 19時20分~20時20分

◆花火の打ち上げ数

1万3000発

◆人出数

58万人

◆駐車場

江戸川河川敷駐車場広場

◆アクセス

住所:〒125-0052 東京都葛飾区柴又7丁目

電車:

・京成金町線柴又駅から徒歩10分
・北総鉄道新柴又駅から徒歩15分(柴又駅は混雑が予想される)
・JR金町駅または京成電鉄金町駅から徒歩20分

葛飾納涼花火大会の見どころ

1万3000発の大迫力花火

葛飾納涼花火大会の魅力は1万3000発もの花火を間近で見ることができるところです。

特に下の動画の6分50秒あたりから始まるクライマックスがヤバいです!

なんか『風の谷のナウシカ』のラストシーンの金色の野原みたいな光景で感動しました。

たった1時間の間に1万3000発もの花火が打ちあがるので、迫力がすごいですね~♪

また、毎年『キャラクター花火』も見逃せません。

寅さんや両さん、キャプテン翼、モンチッチなどの葛飾にゆかりのあるキャラクターが上がります。

葛飾納涼花火大会のおすすめ穴場スポット

来場者約58万人と超大規模な花火大会ですから、デートに行きたいイベントとしても人気が高いです!
ただ、人が多く集まりますので、人混みに悩む方も多いと思います。

穴場スポット①柴又球技場

個人的に一番おすすめなのは柴又球技場です。

会場からの距離はまあまあ近く、景色もきれいに見えます。
駅からの距離も近く、一番不便を感じません。

バランスが一番良いスポットです。

穴場スポット②スカイツリー展望デッキ

ここは地上からと違って花火を見下ろすように見ることができる珍しいスポットです。

少し遠いですが、夜景と一緒に見れるのでおすすめです。
東京ならではの場所ですので、人気が高いです。

チケットはすぐに売り切れてしまうのでお早めに購入してください。

穴場スポット③新葛飾橋

目の前で花火が見れるぐらい近い場所で、見晴らしも良いおすすめの穴場スポットです。

穴場スポット④矢切の渡しの河川敷

矢切の渡しの近くにある河川敷からは打ち上げ会場から少し離れてしまうのですが、花火を十分きれいに見れます。

他の場所が人が多すぎてどうしようもない時にはおすすめですよ。

まとめ

東京都で毎年開催されている「葛飾納涼花火大会」を紹介しました。

間近で大迫力の花火が楽しめる人気の花火大会です。

ぜひ見に行ってみてくださいね!

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください