立川まつり国営昭和記念公園花火大会2018!芸協玉やおすすめの穴場スポットを紹介!

スポンサードリンク

東京で毎年開催されている「立川まつり国営昭和記念公園花火大会」。
全国の人気の花火が集まる『芸協玉』など、すごい花火がたくさん打ちあがる大会です。

「夏祭りにデートに誘いたいけどどこがいいかな・・・?」と悩んでいる方にはぜひおすすめですよ!

ここでは、立川まつり国営昭和記念公園花火大会の基本情報や見どころ、穴場スポットなどを紹介しています。

スポンサードリンク

立川まつり国営昭和記念公園花火大会の基本情報

◆祭り期間

2018年7月下旬(2017年は7月29日) 19時20分~20時20分

◆花火の打ち上げ数

5000発

◆人出数

85万人

◆駐車場

あり

◆アクセス

住所:〒196-0032, 3丁目-1 郷地町 昭島市 東京都 196-0032
電車:JR立川駅から徒歩15分

立川まつり国営昭和記念公園花火大会の見どころ

芸協玉

芸協玉というのは全国の花火大会で高評価だった花火を再現するというものです。

個人的には最後の2分20秒あたりから始まる秋田の『三重芯変化菊』が好きですね~。

一つの花火の中に何色もの花火が大きさも変えて咲いているのは本当にきれいです。

1.5尺玉とスターマイン

また、立川の花火大会では1.5尺玉という超特大花火や迫力あるスターマインも毎年行われています。

立川まつり国営昭和記念公園花火大会のおすすめ穴場スポット

来場者約85万人と日本でも最大級の大規模な花火大会ですから、デートに行きたいイベントとしても人気が高いです!
ただ、人が多く集まりますので、人混みに悩む方も多いと思います。

穴場スポット①みんなの原っぱ

一番おすすめなのは花火の打ち上げ会場のみんなの原っぱです。

近くから見えますので大迫力の花火を楽しむことができます。

また、みんなの原っぱでは無料席と有料席があります。

〇無料席

18時以降開放される。

〇有料席

大人410円、子供80円
無料席よりも前にある

有料席がたった410円というのが最高ですよね!
(他の花火大会は普通に何千円もとられるのに・・・)

これは絶対有料席を狙った方がいいです。
410円できれいな花火が見れると考えると超お得です。

穴場スポット②立川タカシマ屋 屋上ビアガーデン

ここは屋上にあるビアガーデンから最高の景色を楽しみながら花火を見れます。
ビアガーデンで落ち着いた雰囲気でデートとかもいいですね!

ここは予約が必要で、しかも当日抽選が行われるのですがそれでもチャレンジする価値があるところだと思います。
おすすめです!

穴場スポット③イトーヨーカドー東大和店

イトーヨーカドーは花火大会当日に屋上を開放されます。
会場から少し離れているものの、眺めがとても良くおすすめのスポットです。

また、買い物やトイレなどの心配がないのも良いですね。

穴場スポット④バーミヤン立川駅北口

ここはビルの2階にお店があるので、普通にお店の窓から花火をしっかり見れます。

ファミレスでゆっくり食事をしながら花火を見たい方におすすめです。

穴場スポット⑤ららぽーと立川立飛のビアガーデン

ここは広々とした2階のテラスから花火を楽しめる絶景ポイントです。

まとめ

東京都で毎年開催されている「立川まつり国営昭和記念公園花火大会」を紹介しました。

間近で大迫力の花火が楽しめる人気の花火大会です。

ぜひ見に行ってみてくださいね!

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください