江東花火大会2018!見どころやおすすめの穴場スポットを紹介!

スポンサードリンク

東京で毎年開催されている「江東花火大会」。
間近で大迫力の花火を見れて、人混みも少なめなおすすめの花火大会です。

「夏祭りにデートに誘いたいけどどこがいいかな・・・?」と悩んでいる方にはぜひおすすめですよ!

ここでは、江東花火大会の基本情報や見どころ、穴場スポットなどを紹介しています。

スポンサードリンク

江東花火大会の基本情報

◆祭り期間

2018年8月1日 19時30分~20時30分

◆花火の打ち上げ数

4000発

◆人出数

35万人

◆駐車場

なし

◆アクセス

住所:〒136-0074 東京都江東区 東砂3−30先 新砂3-8先
電車:東京メトロ東西線南砂町駅から徒歩約15分
バス:
JR亀戸駅から葛西橋行きバス「葛西橋」下車徒歩約3分
都営地下鉄新宿線西大島駅から葛西橋行きバス「葛西橋」下車徒歩約3分
都営地下鉄新宿線大島駅から葛西橋行きバス「葛西橋」下車徒歩約3分
都営地下鉄新宿線東大島駅から葛西橋行きバス「葛西橋」下車徒歩約3分

江東花火大会の見どころ

打ち上げ会場から150メートルの大迫力花火

江東花火大会の見どころは打ち上げ会場から150メートルという近さでの大迫力花火です。

台船から打ち上げられる花火をこれだけ近くで見るとすごいですよ!

特に11分50秒あたりから始まるフィナーレは圧巻です!

荒川の水面に映る花火は風情があってきれいです♪

また、江東花火大会は芝生に寝ころびながら花火を見れるなど、場所が広いのもおすすめです。

江東花火大会のおすすめ穴場スポット

来場者約35万人と比較的大規模な花火大会ですから、デートに行きたいイベントとしても人気が高いです!
ただ、人が多く集まりますので、人混みに悩む方も多いと思います。

そんな方におすすめの穴場スポットを紹介します!

風向きに注意!?

江東花火大会を見るにあたって、特に『風向き』に注意してほしいです。

打ち上げ会場に隣接している荒川にはこの時期、南風が吹いています。
そのため、会場の北側は風下になるためきれいに花火を見ることができません。

ですので、花火を鑑賞する際は北側以外の場所からの鑑賞をおすすめします。

穴場スポット①首都高速下

荒川の上を通っている首都高速中央環状線の下あたりが特におすすめです。

穴場スポット②荒川・砂町水辺公園

ここはメイン会場ですが、場所がとても広いので花火開始の30分前でも場所取りが十分できます。

穴場スポット③葛西橋西側の土手

ここはメイン会場の南砂に比べて人が少ないので、カップルにはおすすめのスポットです。

https://twitter.com/6suna_PTA/status/892394343209746432

まとめ

東京都で毎年開催されている「江東花火大会」を紹介しました。

間近で大迫力の花火を見れて、人混みも少なめな人気の花火大会です。

ぜひ見に行ってみてくださいね!

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください