海の日名古屋みなと祭花火大会2018!大玉花火の連続打ち上げやおすすめの穴場スポットを紹介!

スポンサードリンク

愛知県で毎年開催されている「海の日名古屋みなと祭花火大会」。
ド迫力の大玉花火連続打ち上げやメロディ花火など魅力的な花火を楽しめる花火大会です。

「夏祭りにデートに誘いたいけどどこがいいかな・・・?」と悩んでいる方にはぜひおすすめですよ!

ここでは、海の日名古屋みなと祭花火大会の基本情報や見どころ、穴場スポットなどを紹介しています。

スポンサードリンク

海の日名古屋みなと祭花火大会の基本情報

◆花火の日時

2018年7月16日 19時30分~20時30分

◆花火の打ち上げ数

3000発

◆人出数

39万人

◆駐車場

なし

◆アクセス

住所:〒455-0033 愛知県名古屋市港区港町1

電車:

・ 名古屋市営地下鉄名古屋港駅すぐ
・名古屋市営地下鉄築地口駅から徒歩約10分
・名古屋臨海高速鉄道あおなみ線稲永駅から徒歩約30分

海の日名古屋みなと祭花火大会の見どころ

10号玉を含む大玉花火の連続打ち上げ

海の日名古屋みなと祭花火大会の見どころはド迫力の大玉花火の連続打ち上げです。

特に5分40秒あたりから始まるフィナーレの大玉花火はまさに圧巻!
めちゃくちゃきれいですよね~♪

他にも各種スターマインや音楽とコラボしたメロディ花火など、魅力たくさんの花火大会です!

海の日名古屋みなと祭花火大会のおすすめ穴場スポット

来場者約39万人と大規模なお祭りですから、デートに行きたいイベントとしても人気が高いです!
そこで、おすすめの穴場スポットを紹介します。

有料席①名古屋みなと祭花火大会観覧クルーズ

19時に名古屋ポートビルを出て、花火を観覧した後、20時30分に終了のクルーズです。

・2階デッキ席:一人8000円
・1階席:一人6000円

値段は少し高いですが、眺めは最高ですよ!

有料席②名古屋テレビ塔のスカイデッキ

花火大会専用の有料席ではありませんが、ここからの眺めもとても素晴らしいです。
地上90メートルから名古屋の夜景と一緒に花火を見れるので、ロマンティックな雰囲気になること間違いなしです!

料金は一人1000円です。

有料席③ミッドランドスクエアのスカイプロムナード

名古屋駅前にあるミッドランドスクエアもおすすめポイントです。
特に44階から46階のスカイプロムナードからの眺めは最高ですよ!

料金は

・大人(18歳以上):一人750円
・高校生:500円

となっております。

ガーデン埠頭2号・3号岸壁

ここは花火を間近で見ることができるおすすめの穴場スポットです。

17時から解放される3号岸壁は早い者勝ちですので、がんばって場所取りをしましょう。

水族館南側緑地

名古屋水族館のすぐそばにある緑地です。
見晴らしがとても良く、遮るものがないのできれいに花火を見ることができます。

つどいの広場

花火打ち上げ会場から近く、比較的人混みも少なめなおすすめスポットです。

視界も良好なので、バッチリ花火を見れます。

まとめ

愛知県で毎年開催されている「海の日名古屋みなと祭花火大会」を紹介しました。
10号玉を含む大玉花火の連続打ち上げやメロディ花火を楽しめるおすすめの花火大会です!

ぜひ見に行ってみてくださいね!

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください