釧路大漁どんぱく花火大会2018の穴場スポットを紹介!ド迫力の三尺玉を見逃すな!

スポンサードリンク

北海道で毎年開催されている「モエレ沼芸術花火」。
3尺玉などの日本屈指のド迫力花火を楽しめる花火大会です。

「夏祭りにデートに誘いたいけどどこがいいかな・・・?」と悩んでいる方にはぜひおすすめですよ!

ここでは、釧路大漁どんぱく花火大会の基本情報や見どころ、穴場スポットなどを紹介しています。

スポンサードリンク

釧路大漁どんぱく花火大会の基本情報

◆お祭りの日時

2018年9月7日~9日(花火は8日)

19時~

◆花火の打ち上げ数

1万発

◆人出数

13万人

◆駐車場

なし

◆アクセス

場所:北海道釧路川河口付近

釧路大漁どんぱく花火大会の見どころ

『3尺玉』『150メートルナイアガラ』などのビッグ花火

釧路大漁どんぱく花火大会の見どころは、何といっても迫力満点のビッグ花火でしょう。

1分17秒あたりから150メートル級の巨大ナイアガラの滝、1分35秒あたりから3尺玉花火が流れます。

どちらもすごいですが、特にこの『3尺玉』は注目で、道内でも日本でも最大級となる花火の大きさなんです!
3尺玉は直径88.5センチメートル、重さ280キログラムの超デカい花火で、花火が開いた時の直径は550メートルにも達します。

他の花火大会ではなかなかお目にかかれない3尺玉花火をぜひご覧ください♪

釧路大漁どんぱく花火大会のおすすめ穴場スポット

来場者約13万人と比較的大きなお祭りですから、デートに行きたいイベントとしても人気が高いです!
そこで、おすすめの穴場スポットを紹介します。

釧路市生涯学習センター

ここは展望台があるので、とても眺めがきれいです。
特に10階の展望室からの花火は最高にロマンティックですよ!

米町公園

地形的に高台になっている場所ですので、花火をきれいに見ることができます。

展望台があって敷地も広いですので、のんびりと花火を楽しめます。

釧路港防波堤

打ち上げ場所のすぐそばにあるふ頭ですので、建物などに邪魔されることなく大迫力の花火を楽しむことができます。
また、意外と人が少ない穴場ですよ♪

北埠頭

打ち上げ会場の目の前にあるふ頭です。
人が多そうなイメージですが、「車両通行止め」とチラシにもあるためか思いのほか空いていて穴場です。

まとめ

北海道で毎年開催されている「釧路大漁どんぱく花火大会」を紹介しました。
日本屈指の大迫力花火を楽しめるおすすめの花火大会です!

ぜひ見に行ってみてくださいね!

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください