函館港花火大会2018!日本三大夜景に浮かぶ大迫力花火やおすすめの穴場スポットを紹介!

スポンサードリンク

北海道で毎年開催されている「函館港花火大会」。
宝物のような日本三大夜景と美しい花火を楽しめる花火大会です。

「夏祭りにデートに誘いたいけどどこがいいかな・・・?」と悩んでいる方にはぜひおすすめですよ!

ここでは、函館港花火大会の基本情報や見どころ、穴場スポットなどを紹介しています。

スポンサードリンク

函館港花火大会の基本情報

◆花火の日時

2018年7月中旬(2017年は7月16日)

◆花火の打ち上げ数

3000発

◆人出数

6万人

◆駐車場

なし

◆アクセス

住所:〒040-0052 北海道函館市大町15

電車:JR函館駅から歩いてすぐ

函館港花火大会の見どころ

日本三大夜景とのコラボレーション

函館港花火大会の見どころは何といっても美しい夜景と花火のコラボです。

まるで宝石のような函館の夜景に浮かぶ花火は絶景です!

特に、2分50秒あたりから始まるフィナーレの10号玉花火の連発は特にきれいです♪

他にも、水上花火や仕掛け花火などもあり、見どころがたくさんの花火大会です!

函館港花火大会のおすすめ穴場スポット

来場者約6万人と大きなお祭りですから、デートに行きたいイベントとしても人気が高いです!
そこで、おすすめの穴場スポットを紹介します。

函館山山頂

函館港花火大会のメイン会場である言わずと知れた有名スポットです。

上の動画でも見たように、日本三大夜景と花火が同時に見れる最高の場所です。

ただ、当然人は多いので混雑は避けられません・・・。

八幡坂

海が見えて見晴らし抜群の場所です。
函館山ばかりに注目されるため、意外と穴場スポットです。

摩周丸

「摩周丸」という舟にのって、海上から花火を楽しめる場所です。
入場料が500円かかるものの、船の上からの景色はとてもきれいですよ!

公会堂の前

ここは函館港を見下ろせる穴場スポットです。
駅にも近く、建物が洋風のモダンな造りで雰囲気が良い場所です。

まとめ

北海道で毎年開催されている「函館港花火大会」を紹介しました。
日本三大夜景と花火を楽しめるおすすめの花火大会です!

ぜひ見に行ってみてくださいね!

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください