北海道真駒内花火大会2018!世界屈指の花火師たちの大迫力花火やおすすめの穴場スポットを紹介!

スポンサードリンク

愛知県で毎年開催されている「海の日名古屋みなと祭花火大会」。
世界的に活躍している花火師たちの大迫力の花火を楽しめる花火大会です。

「夏祭りにデートに誘いたいけどどこがいいかな・・・?」と悩んでいる方にはぜひおすすめですよ!

ここでは、北海道真駒内花火大会の基本情報や見どころ、穴場スポットなどを紹介しています。

スポンサードリンク

北海道真駒内花火大会の基本情報

◆花火の日時

2018年7月7日 20時~

◆花火の打ち上げ数

2万2000発

◆人出数

2万人

◆駐車場

なし

◆アクセス

住所:〒005-0017 北海道札幌市南区真駒内公園3−1

電車:南北線地下鉄真駒内駅から真駒内セキスイハイムスタジアムまで徒歩30分、又は片道210円でシャトルバスが運行

北海道真駒内花火大会の見どころ

世界的に有名な花火師たちによる大迫力の花火

北海道真駒内花火大会の見どころは大迫力の花火です。

世界各地の音楽花火コンクールで多くの賞を取っている『丸玉屋』や『紅屋青木煙火店』が毎年参加しており、毎年多くの方が楽しみにしています。

花火の特徴としては、レーザーや光・照明などの演出に力を入れています。
こちらが前年の花火です。

めちゃくちゃすごくないですか?

レーザーや光の演出はもちろん、花火の配置とかもすごく凝っていてまるで一つの大きなストーリーのような花火大会です!

ぜひ気になるあの人と一緒に見てほしい花火です♪

 

 

北海道真駒内花火大会のおすすめ穴場スポット

来場者約2万人と比較的大規模なお祭りですから、デートに行きたいイベントとしても人気が高いです!
そこで、おすすめの穴場スポットを紹介します。

有料席

会場がスタジアムなこともあって、打ち上げ会場で見たい場合は入場チケットが必要になります。

【有料席(桟敷席)】

・アリーナエキサイティングシート8000円
・アリーナ椅子指定席3800円
・スタンドDREAMシート5600円
・スタンド指定席3900円
・スタンド自由席2900円

真駒内公園

打ち上げ会場のスタジアムと同じ敷地内にある公園なので、大迫力の花火を楽しむことができます。
スタジアムのチケットが当たらなかった方はここで見ると良いです。

ただ、とても人が多くなると思いますので混雑は覚悟しておきましょう。

藻岩山

ここは高台にあるため、遮るものがなくきれいに花火を見ることができます。
特に山頂まで行けば花火全体を見れ、夜景と一緒に楽しむことができるデートスポットです。

打ち上げ会場から少し離れているため混雑も少なめです。

山頂の展望台までのロープウェイはお往復1700円です。

北の沢りす公園

ここも高台になっているためスタジアム全体が見れる場所です。
きれいな花火を見れるのでおすすめです!

まとめ

北海道で毎年開催されている「北海道真駒内花火大会」を紹介しました。
世界的に活躍している花火師たちの豪華な花火を楽しめるおすすめの花火大会です!

ぜひ見に行ってみてくださいね!

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください